コロナ 医療

Facebookのお友達のコロナ感染の投稿

本人のご許可をいただき載せることにしました。この方は重症ではありません。通常なら入院はしてるとは思いますが、今は無理です。若い方でもここまでくらいの方は沢山います。この後に、2、3割の方に後遺症が出ます。コロナは風邪ではありません。全身の血管炎の病気です。

これが、大阪の今の状況です。本人も、保健所の方も必死なやりとりがあります。保健所の方は決してサボってはいませんが、これで精一杯なのだと思います。

本日、5/8 あるコロナ患者さんのフェイスブックの投稿

やっと投稿出来る位になった。昨日までは、もうダメかとおもった。思ったより早くあっちに行くかと思ってた。

4月30日 発熱

そこから38度台の熱が続いた。節々が痛く、特に胸と背中が痛い。熱が上がると胸が苦しくて痛みさえ出でくる。

4月30日に家族がコロナ陽性確定。発熱相談に電話すると、私は濃厚接触者なので保健所からの指示を待つ様に言われる。

5月1日 保健所からの連絡

保健所から4日にPCR検査予約の連絡。その間容態が急変しても、直接救急車は呼ばない様注意される。ほぼ繋がらないコールセンターにかけてからでないとダメとの事。解熱剤等使って様子見ろとのこと。たまたまロキソニンが沢山あったので38度台になればロキソニン服用の繰り返し。本当に辛い。

5月4日 市立病院へPCR検査に

市立病院へPCR検査に来る様連絡が入る。やっと何か治療して貰えるかと期待するも、検査結果は2日後との説明で帰らされる。薬を希望したがカロナール処方のみ。この時も熱が下がらなくて胸が痛いと説明する。

5月6日 コロナ陽性の連絡

昼前に市立病院からコロナ陽性の連絡。保健所からの連絡が本日中にあるはずなので指示に従えとの事。この間も熱は下がらず、どんどん苦しくて胸が痛む。会社からは報告する様電話や、心配する家族にも何も報告出来ない。結局は保健所からの連絡無し。

5月7日 血中酸素88〜90

待っていられないので保健所へ電話。それでも結局保健所から電話が入るまで待てとの事。大袈裟に言わないと対応してくれそうにない。一週間も熱が下がらなくてしんどい、胸が痛む。この説明も声にならなくて聞き取って貰えない。出来るだけ早く連絡する様にしますが、いつになるかは約束できないと言われる。

何時だったか覚えていない。やっと保健所から連絡が入って、聞き取りが、始まった。ほぼ声が出ないので、担当者も大変辛そうとの判断で、パルスオキシメーターを届けてくれる。血中酸素88〜90  脈拍60 ちょっと危険な数字らしい。耳を疑った。「何故もっと早く連絡しなかったんですか?」何度も問い合わせましたと言うと「すみませんでした」と、謝罪される。

ここでやっと保健所が動いてくれる。現状では入院先がない為、かかりつけ医は無いか?聞かれる。無いし…

あ!家族がお世話になったクリニックがあった。そこしかわからなかった。

保健所から自宅用の酸素吸入機を届けてもらい。クリニックの先生が自ら訪問してくれた。診察もしてもらえて、薬も持って来てくださいました。デカドロン錠服用と酸素吸入で今迄が嘘の様に楽になる。ここのクリニックを指定しなかったら訪問もなかったらしい。

私の住む市内の病院はほぼ壊滅らしい。

少し光が見えて来たので投稿しました。長女は2日発熱後症状も無く、今日から通常の生活が送れます。孫達は無症状なので14日から復帰。還暦前の私が一番症状が重かったです。まだわかりませんが、峠は越えた様に思います。本当にご心配お掛けしました。

ニュース等で報道されている以上に医療は逼迫しています。皆さんにコロナの現状を知ってもらいたくて投稿しました。あくまでも私個人の経験なので、全てとは言い切れません。どうぞ皆さんも十分にご注意下さいね。

-コロナ, 医療

© 2021 乳腺外科医が本を書く!! Powered by AFFINGER5